角質除去と角質ケア

角質の除去とケアって同じと思われがちですが、もう少しこだわって考えてみると角質を除去し、そのあとタップリの水分補給をし、乳液などでシッカリ肌に水分を封じ込める。

 

この全てを含めてケアなんだと私は思います。

 

エステで角質ケアといえば「ケミカルピーリング」という言葉をよく聞きます。

 

ケミカル=科学 ピーリング=剥ぐ(peel)つまり除去というより古くなった角質を剥ぐという意味あいですね。

 

まあ0除去って汚れとか黒ずみ除去とかでも使われますし。

 

角質とは表皮に細胞の死骸(古くなった角質)が層になったもので、毎日でき、10数層にもなります。

 

ケミカルピーリングは、除去やケアだけでなく、シミ対策、ニキビ対策などにも用いられます。

 

最近では、エステばかりではなく、皮膚科でもケミカルピーリングをしてくれるところがあります。

 

エステなどでは、一回のケアに1万5千円くらいが相場で、6回をワンセットとしていますから、最終的には9万円もかかってしまいます・・・

 

皮膚科などでは、7千円くらいからあると聞いた事がありますが、それはその人の肌の悩みの内容によるようです。

 

そして、やはり506回をワンセットとしているようですので、ちょっと高いですよね!?

 

角質っていらないものなのね!?て思いがちですが、角質もまた表皮で、役割があります。

 

外からの刺激より細胞を守ったり、内側の水分を逃がさなかったり・・・角質が水分を吸収する機能を低下させすぎない程度の除去とケアが大切なんです。

 

足裏(かかと)は角質も分厚いので解りやすいと思いますが、お風呂などで湿ると膨張し、逆に乾燥して縮みすぎるとアカギレになるでしょ?

 

アカギレ状態になったかかとの角質を、かかと専用のやすりでゴシゴシと擦って除去しますよね?これも一種のピーリングです。

 

これを顔に置き換えると除去しても、ほんとに適したケアをしないとアカギレになる。

 

といえるでしょ?冬なんかとくに除去よりケアのほうが大切にしないと大変ですよね。

 

フルーツ酸(角質除去成分)は、フルーツから抽出されることが多いので、俗称でフルーツ酸と言われています。

 

代表的成分は、乳酸・グリコール酸・酒石酸・リンゴ酸・クエン酸などです。

 

とくにフルーツ酸という固有の成分があるわけではありません。

 

フルーツ酸の作用として、角質の結合力を弱める効果があるため上の角質から優しく除去することが出来ます。

 

植物由来のフィトコラージュを使った肌再生シートは、水分を角質層の中に閉じ込めるケアを行います。

 

ピーリングの効果は、即!肌トラブルを解消するものではありませんが、ピーリングをした肌は、触ってみると違います。

 

今までの自分の肌が、象かワニのように感じます。

 

まず、自分の肌で実感してみて下さい。

 

プリプリ肌を、そして持続していることを実感した時、初めて角質除去とケアとは、なんなのかを感じるはずです。

 

突っ込んで商品を選ぶと肌に合った除去製品と肌に合ったケア製品を探すことになります。

 

そして、フェイスとボディの違いもありますよね。

 

まず手始めに、フェイスクリアで無理なく除去し、成分も効果も自然が一番との考えからフルーツ酸と植物由来のフィトコラージュを使った肌再生シートで優しい角質ケアをしてみませんか?

 

ちなみに私が使ってる除去&ケア商品は、あなたのボディーソープは洗顔にも使えますか?

 

でお馴染みの「老化角質除去」「毛穴の黒ズミ除去」もしてくれるカナリ調子の良い。